トランジションタウンたま〜 みんなで作る「ネガワット発電所」

ネガワット発電って知ってますか? 電気を使わないこと=新しい発電所を作ったことと同じ。 自然エネルギーで発電、のその前に、 私たちが毎日使っている電気のことを知って、使う電気の量を減らしてみませんか。

「ネガワット発電所」は、建設費用ゼロ。メンテナンス不要。老朽化する心配もいりません。 空気を汚さず、税金も使いません。 私たちが使う電気の量を減らせば、それは発電所を建設したことと同じです。

ソーラークッカーを作りました

ソーラークッカーって知ってますか?
太陽の光を集めて煮たり焼いたり調理ができるらしい。
そしてソーラークッカーはホームセンターや100円ショップで手に入る材料で
安価に作れるらしい。
ご近所に住む仲野さんに、ソーラークッカーの作り方と使い方を習いました。

*ソーラークッカーは多種多様ですが、仲野さんと仲野さんの師匠は、
足利工業大学中條研究室HPで公開されているソーラークッカー、
「エデュクッカー03」の公開設計図を元に、ソーラークッカーを自作しています。
公開設計図はこちらで見ることができます↓
http://www2.ashitech.ac.jp/mech/nakajo/.htm

image















   








仲野さんちの庭には、すでに煮込み料理が仕込んでありました。
これで沸騰するほど熱くなるのです。
覆っているビニール袋の中に水滴がついているし、
中の容器を触ってみると、熱い!

image


















早速ソーラークッカー制作に取り掛かりまました。
材料は、
プラ段
アルミシート
両面テープ

使う道具は
カッター
定規

まずはプラ段に折り目を入れて切り込みを入れます。
そして、それぞれの面のふちに両面テープを貼り、
その面ごとに、ていねいにアルミシートを貼って行きます。

image
































いっしょに行ったおんぶ育児の会のみほちゃん。アルミシートがきれいに貼れています。

image
































全面にアルミシートが貼れたら、完成。
これを、クリップで留めてお椀型にして、光を集めます。
ちなみに、ここまでの材料は500円かかりません。

調理に使う鍋は、仲野さんは飯ごうを使っていましたが
黒く塗った空き缶でもOK。アルミホイルで蓋をします。
それから大事なのは、光が当たりやすいように、容器のしたに割り箸を2本置いたり、
焼き網などを置くなどして、容器をちょっとだけ浮かせるようにします。

それと、保温性を高めるために、ビニールや耐熱ガラス容器などで調理器具を覆うと良い。
耐熱のビニール袋は普段あまり見かけません。
今回は仲野さんが取り寄せたものを分けてもらいました。

こんなふうに家にあるものを使って調理が可能。
image










 







時間は昼を過ぎ、朝仕込んだスープが出来上がりました。

image
























image
























朝仕込んでおけば、夕方には出来上がっているので、煮込み料理などに向いている、
と話してくれました。スープとサンドイッチのランチを
おいしくいただきました。仲野さん、ありがとうございました!

さて、自宅にて実践。
まずはホットケーキミックスを使って、ホットケーキを焼いてみました。
蒸しケーキのような仕上がりに。

image
























image
 

















水から沸かして温度の変化をチェック。
60度まではカンタンに上がります。太陽熱温水器を、作れないかなぁ。

image


















ホームセンターで売っていた焼き芋用のアルミホイルは、外側が黒いので
ソーラークッキングに便利。サツマイモやサトイモは簡単においしくふかせました。

image
































インターネットで検索すると、ソーラークッカーの作り方がたくさん出てきます。
ガス周りのグッズでカンタンに作れるけど、風に飛ばされやすいし
変形しやすいので、耐久性を高めるために補強が必要。

image
































こんな紙のレンジシートでもOK。

image
































炊飯もやってみましたが、温度を高くできず、ご飯の甘みが引き出せませんでした。
太陽の光を効率良く集めるためにはコツがいるようです。
ソーラークッカーを使いこなすためにもう少し時間がかかりそうですが、
マスターしたら電気代やガス代を節約できるし、
ライフラインが切断された時にも、太陽が出ていれば湯沸かしや調理ができます。
みなさんもぜひチャレンジして、めざせ太陽熱マスター!

【アンペアダウン】10アンペア生活 まみさんのくらし

10アンペアで暮らす、高尾のまみさんのくらしを紹介します。

まみさんは、自宅でオイルマッサージをやっているセラピスト。
http://palmhousetenohira.wix.com/palmhouse
現在一人暮らしで、春~秋は電気代500円~600円ぐらい。
高尾の冬は寒いので、3月の電気代は1222円。
ちなみに、今までの電気代の最安値は、400円台だったそうです。

電気料金











まみさんがご両親と妹さんと大人4人で暮らしていたときは、
30Aで電気代は3000円弱だったそうです。
がんばらなくても普通に節電できる暮らし方をもともとしていたため、
現在もLED不使用(照明は蛍光灯)、電気もつけっぱなしなのだそうです。

まみさんちで使っている電化製品は
照明器具
ジューサー
石油ファンヒーター
エアコン
洗濯機
タオルウォーマー(仕事用・・・ちなみに、この取材後、手放したそうです)
インターホン

使っていない家電製品は
テレビ
冷蔵庫
電子レンジ
ドライヤー
トースター
炊飯器

意外だったのは、エアコンを使っていること。
仕事上、部屋を暖める必要があり使用しています。
10Aでも、エアコンは使えるんですね。

エアコン











最近のエアコンは消費電力が少なくなっていて
このエアコンにも、
冷房時 7.4A  暖房時 6.7Aと表示してあります。

まみさんいわく、節電の極意は「ピーク電力を減らすこと」に尽きるそうです。
一番電力を使うときに、使う家電を絞る。それができれば、
アンペアダウンは大変なことではありません。

たいていの家庭は、朝の電力使用がおそらくピークでしょう。
ドライヤー
炊飯器
電子レンジ
空調
これらを一度に同時に使いたいなら、
アンペア数を大きくしなければなりませんが、

炊飯や調理の温度で部屋を少し暖めるとか
お父さんがドライヤーを使う前に、炊飯は終わらせておくとか
ちょっと時間をずらす工夫をすれば
アンペアダウンは可能です。

それからまみさんのくらしで紹介したいのは「天日干し」。
この日も、大根とエリンギが干してありました。

天日干し











冷蔵庫がないため、保存食や乾物をうまく使っています。

保存食











タッパーに入れたおかずの中身と日付を書いてました。
ほかにも、保存食の数々。

保存食あれこれ












乾物をストックして活用していました。

乾物ストック












えのきの天日干しも、ビンに入ってます。

えのき天日干し




































以前高尾で、「電気代600円生活」のはらみづほさんのお話を聞きましたが
そのとき聞いたようなくらしを普通にやってるまみさん。
玄米を土鍋で炊いたり、味噌を手作りしていたり、
体にいい暮らしと節電と、モノが少ないシンプルな生き方と、
暮らし方のヒントをいっぱいいただきました。

感謝。

「誰でも出来る独立型太陽光発電のすすめ」オフグリッドソーラーの楽しみ方講座@八王子

私も使っているミニソーラー発電を組み立てるワークショップを企画しました。
講師は、北海道から九州まで太陽光発電のワークショップを行う早
川寿保さん。
早川さんが伝えてくれるのは、電力の自給だけじゃない、
宇宙、生き方など、私たちが生きるためのエネルギーの話
ぜひ、この機会にご参加ください。

とき:2014年5月13日(火)10時~13時

場所:宇津貫緑地ログハウス(八王子市七国1丁目)
地図 http://yahoo.jp/WYbcdc
徒歩で来られる場合、最寄り駅はJR横浜線のみなみ野駅です。
徒歩20分ぐらい、駅まで迎えに行けますので
お迎えご希望の方は申し込み時に「相乗り希望」とお伝えください。
駐車場有。

参加費:2500円

主な内容
⚪︎オフグリッドとは?
⚪︎オフグリッドに必要なもの
⚪︎パネルとバッテリーの計算
⚪︎オフグリッドの構築例
⚪︎ソーラーシステムと太陽系〜宇宙のお話
⚪︎お金のかからない幸せな生活(くらし)がはじまる
⚪︎自然エネルギーを楽しもう!
⚪︎キーワードは楽しむこと
⚪︎電気はそんなに必要ない
⚪︎今は私たちの意識の変化(シフト)のとき
⚪︎電気は足りている足りないのは愛!

ワークショップご参加のみなさんがグループに分かれて
実際に部品を組み立てて電気を自分で作る体験をしてもらいます。
システムを購入しなくても参加者全員が体験できます。

⚪︎部品の確認
⚪︎パネルのチェック
⚪︎配線の順番
⚪︎システム完成
⚪︎発電所稼働
⚪︎祝発電記念撮影

申し込み:
090-6167-1489
0az2rz1078d598s@ezweb.ne.jp (石川)

早川寿保さんてこんな人
http://greenz.jp/2013/09/06/hayakawatoshiyasu/
ギャラリー
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 【ミニソーラー】山口さんちの発電を見学してきました
  • 節電と発電のお話でイベントにおじゃましました
  • 節電と発電のお話でイベントにおじゃましました
  • ライブドアブログ